トップ > タクシープリペイドカードに関する規程


タクシープリペイドカードに関する規程

第1条(目的)

 この規程は、株式会社東京四社営業委員会が発行する、前払式タクシー乗車カード(以下「タクシープリペイドカード」という。)のサービス内容と使用条件を定め、もって使用者の利便性向上と業務の適正な遂行を図ることを目的とする。

第2条(適用範囲)

 タクシープリペイドカードにかかわる取扱いについては、この規程の定めるところによる。

  • 2.タクシープリペイドカード取扱い事業者における運送の引受けについては、タクシープリペイドカード取扱い事業者の運送約款の定めるところによる。
  • 3.この規程は予告なく変更されることがある。
  • 4.この規程が改定された場合、以後のタクシープリペイドカードにかかわる取扱いについては、改定された規程の定めるところによる。
  • 5.この規程に定めのない事項については、法令等の定めるところによる。

第3条(取扱い事業者)

 タクシープリペイドカード取扱い事業者とは、別表に定める事業者をいう。

第4条(契約の成立)

 タクシープリペイドカードの使用にかかわる契約は、使用者がタクシープリペイドカードを購入したときに両者の間において成立する。

第5条(使用方法及び制限事項)

 タクシープリペイドカードは、タクシープリペイドカード取扱い事業者におけるタクシー乗車代金として使用できる。

  • 2.タクシープリペイドカードは、当社が認めたタクシープリペイドカード取扱い事業者において、タクシープリペイドカードを処理する機器(以下「所定の機器」という。)により使用しなければならない。
  • 3.タクシープリペイドカードは、券面に表示された有効期限の翌日以降は使用することができない。
  • 4.次の各号のいずれかに該当するときは、タクシープリペイドカードは所定の機器で使用できないことがある。
  • (1)タクシープリペイドカードの破損又は所定の機器の故障若しくは天災により、タクシープリペイドカードが読み取り不能となったとき
  • (2)電波状況、その他の事情により、タクシープリペイドカードのデータが決済センターと通信できなかったとき
  • 5.偽造、変造又は不正に作成されたタクシープリペイドカードを使用することはできない。

第6条(使用者の同意)

 使用者は、この規程を承認し、かつこれに同意したものとする。

第7条(取扱箇所)

 タクシープリペイドカードの取扱箇所は、当社又はタクシープリペイドカード取扱い事業者若しくは当社が販売を委託した委託先とする。

第8条(制限又は停止)

 当社は以下の場合、タクシープリペイドカード取扱い事業者におけるタクシープリペイドカードの取扱いを制限又は停止することがある。

  • (1)天災、停電、通信事業者の通信設備異常、コンピュータシステム異常等の不可抗力によりタクシープリペイドカード取扱いが困難であると当社が認めた場合
  • (2)コンピュータシステムの保守等、止むを得ない事情により、当社がタクシープリペイドカードの取扱いの中止を必要と判断した場合
  • 2.本条に基づくサービスの制限又は停止に対し、当社はその責めを負わない。

第9条(タクシープリペイドカードの所有権)

 タクシープリペイドカードの所有権は当社に帰属する。

第10条(タクシープリペイドカードの失効)

  •  券面に表示された有効期限の翌日以降は、タクシープリペイドカードは失効する。
  • 2.前項にかかわらず、遺失物法の適用を受け、公知期間を経過したタクシープリペイドカードは失効する。
  • 3.前各項により失効した場合、そのタクシープリペイドカードが有する一切の金銭的価値等の返却を請求することはできない。

第11条(発売額)

 タクシープリペイドカードの発売額は1,030円、3,000円、5,000円、10,000円とする。
なお、発売額1,030円の利用可能な券面金額は1,000円とする。
2.前項にかかわらず、当社は発売額を変更して発売することができる。

第12条(残額の確認)

 タクシープリペイドカードの利用可能な券面金額の残額は、タクシー利用時に交付される利用明細の印字により確認することができる。
また、QRコード対応の携帯電話等でタクシープリペイドカード表面QRコードからアクセスもしくは当社ホームページの専用サイトにてタクシープリペイドカードNoを入力することにより確認することができる。  http://www.tapuri.co.jp/

第13条(効力)

 タクシープリペイドカードは、その券面に表示すべき事項(以下「券面表示事項」という。)が不明となったときは、使用することができない。

  • 2.券面表示事項が不明となったタクシープリペイドカードは、速やかにこれを差し出して券面表示事項の再表示を請求しなければならない。

第14条(無効となる場合)

 タクシープリペイドカードは、次の各号のいずれかに該当する場合は、無効として回収する。この場合、そのタクシープリペイドカードが有する一切の金銭的価値等は返却しない。

  • (1)券面表示事項が不明となったタクシープリペイドカードを使用した場合
  • (2)券面表示事項を塗り消し、又は改変して使用した場合
  • (3)偽造、変造又は不正に作成されたタクシープリペイドカードを使用した場合
  • (4)使用者の故意又は重大な過失によりタクシープリペイドカードが障害状態となったと認められる場合
  • (5)その他、不正行為と認められる場合

第15条(再発行)

 タクシープリペイドカードの盗難又は紛失等による再発行はできない。

  • 2.タクシープリペイドカードの破損等によって、所定の機器で使用できない場合で、別に定める再発行申請書を提出し、かつ当該タクシープリペイドカードを呈示したときは、タクシープリペイドカードの再発行を行う。
  • 3.次の各号のいずれかに該当する場合は、理由の如何を問わず、再発行の取扱いを行わない。
  • (1)表面に記載されたカードの番号が判読できない場合
  • (2)使用者の故意又は重大な過失によりタクシープリペイドカードが障害状態になったと認められ、第14条第4号 により無効となった場合

第16条(免責事項)

 盗難又は紛失、失効したタクシープリペイドカードの残額等で生じた使用者の損害については、当社はその責めを負わない。

別表 タクシープリペイドカード取扱い事業者 (2015年3月1日現在)

■東京都23区、武蔵野・三鷹地区

日本交通株式会社、及び下記のグループ・提携会社

東洋交通株式会社、睦交通株式会社、三和交通株式会社(東京営業所のみ)、扇橋交通株式会社、日立自動車交通第二株式会社、日立自動車交通第三株式会社、春駒交通株式会社、ライオン交通株式会社、ワイエム交通株式会社、蔦交通株式会社、陸王交通株式会社、すばる交通株式会社、株式会社美輝タクシー、大国自動車交通株式会社、キャピタルオート株式会社、キャピタルモータース株式会社、日生交通株式会社、羽田交通株式会社、恵豊自動車交通株式会社、日交練馬株式会社、東京ひかり交通株式会社、東京ワールド交通株式会社、日交足立株式会社

国際自動車株式会社、及び下記のグループ・提携会社

豊玉タクシー株式会社、弥生交通株式会社、新和自動車株式会社、マコト交通株式会社、品川自動車タクシー株式会社、国際株式会社国際交通、東京ラッキー自動車株式会社、大丸交通株式会社、森永タクシー株式会社、有限会社東京ナイトタクシー、山手交通株式会社、新進タクシー株式会社、株式会社織田、冨士自動車株式会社、親切タクシー株式会社、江戸川総業株式会社

帝都自動車交通株式会社、及び下記のグループ・提携会社

帝都日新交通株式会社、松竹交通株式会社、コーディアルタクシー株式会社、第四松竹タクシー株式会社、ムサシ交通株式会社、大洋自動車交通株式会社、東京交通自動車株式会社、平安交通株式会社

大和自動車交通株式会社、及び下記のグループ・提携会社

大和自動車株式会社、大和自動車王子株式会社、足立タクシー株式会社、栄光交通株式会社、改進タクシー株式会社、京北自動車交通株式会社、国際電気株式会社、株式会社サンベスト東信、昭栄自動車株式会社、省東自動車株式会社、正和自動車株式会社、政和自動車株式会社、大同自動車株式会社、東都交通株式会社、西新井相互自動車株式会社、日日交通株式会社、株式会社日幸、日の出交通株式会社、日吉交通株式会社、不二タクシー株式会社、北光自動車交通株式会社、丸井自動車株式会社、マルコータクシー株式会社、目黒自動車交通株式会社、盈進自動車株式会社

■東京都北多摩交通圏

大和自動車交通立川株式会社、大和交通保谷株式会社

■神奈川県京浜交通圏

ケイエム国際タクシー株式会社

■埼玉県県南中央交通圏

日本交通埼玉株式会社、ハッピータクシー株式会社

■千葉県東葛交通圏

帝都あたごタクシー株式会社

附則 この規程は、2010年2月1日から施行する。 2015年3月1日 改定

上にもどる